症状に合わせて治療を行うためにまずは診断を受けよう。

非定型うつの特徴

医者

気分に波がある

うつ病には、様々な種類がありますが、その中で多く見られるのが非定型うつとなっています。仕事や家庭などにストレスの要因がある場合は、その状況の中にいると気分が落ち込んでしまうことでしょう。しかし、ゲームやスポーツなどの趣味に没頭している場合や、一人で過ごしている場合は気分が回復しているという状況も珍しくありません。このように、気分が落ちたり回復したりなどの気持ちの変化を伴っている場合は、うつ病であると個人で判断しにくいものとなっています。なお、このような状態が続いてしまうことによって、小さなストレスが徐々に溜まっていってしまい、重度の症状になってしまう可能性があります。気持ちに波があるうつ病の事を非定型うつといい、多くの人が診断されている症状となっています。

環境に慣れる

非定型うつ病と診断され、これらの症状を改善するためには、ストレスを感じている環境に慣れていくように、前向きに捉えながら生活を進めていくことが重要になって来ます。ストレスを感じている環境を避けて行ってしまうと、克服できずにうつであると感じることが多くなってしまいます。薬などはなるべく使用せずに、診断された医院からのアドバイスをもとに生活を進めていくようにしましょう。また、前向きになれるように、目標を設定して意識しながら生活を送ったり、日頃の生活に充実感を与えていくことが重要になります。このように、診断をもとに様々な対策を進めていくことによって、これらの症状を緩和させていくことが可能になっています。