症状に合わせて治療を行うためにまずは診断を受けよう。

子どものうつ病

考える医者

気づかれにくい

大人に限らず子どものうつ病も申告されており、多くの子どもが精神科による診断を受けています。特に思春期の子どもにうつ病の症状が多く観られるようになっており、気持ちが不安定になりやすいというのも要因の一つとなっています。また、周囲に気持ちが落ち込んでいることを見せないように過ごして、ストレスがピークになってしまった時に症状が一気に悪化してしまうこともあります。学校での友人関係や、学校の成績、親との関係もうつ病の原因として挙げられているので、これらの要因についてしっかりと踏まえておくことが大切であると言えます。子どもから精神科による判断を受けたいという希望も出しにくいため、未然に周囲の人が察知をして、病院への診断や通院を検討していくことが重要であると言えます。

休養の時間を持つ

子どもに表れるうつ病の症状を改善するためには、診断されたら休養の時間を持っておくことが重要になります。ストレスにさらされている状況で過ごしてしまうと、症状が悪化してしまう可能性があるので、休養や治療を受けて心の状態を回復してから学校に復帰するという選択もあります。周囲の人とのコミュニケーションも重要になるので、生活を進めていくにあたって、こまめに話しかけたり、一緒に過ごしたりするようにしましょう。心が安定している状況を定着させていくことによって、徐々にうつ病の症状を改善することが可能となっています。また、うつ病の症状がどれくらい回復しているのか、こまめに診断を受けることも必要であると言えます。